業者選びに役に立つ施設・貸しホールに関連した業者をご紹介します。

施設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

貸しホールには具体的にどういった利用例がありますか?

私の住んでいる地域に今度貸しホールができることになって、とても気になっています。
貸しホールは具体的にどういった人達が利用するサービスなのかよくわかっていません。
そこで、貸しホールはどのようなケースで利用することができるのか、具体例を教えてもらえると助かります。

回答

セミナーや展示会、懇親会、ゲーム大会などに利用できます


貸しホールは広々とした空間をさまざまな用途で利用することができる便利なサービスです。
実際に貸しホールを利用する人はたくさんいて、さまざまな目的で使われています。
たとえば、貸しホールを利用してセミナーが実施されることがあり、ホールであれば1000名近くの人を収容することも可能です。
テーブルを設置してスクール形式のセミナーを開催したり、あるいは椅子のみでシアター形式にしたりすることもできます。
展示商談会に貸しホールが利用されることもあり、同じフロアの中で複数のイベントを開催することも可能です。
たとえば、車をホールの中に並べて展示するなどが可能であり、来場者にさまざまな製品を見てもらうことができます。
懇親会の会場としてホールが利用されることがあり、セミナー終了後に同じ会場で懇親会をするケースもあります。
照明やファニチャーなどは貸しホール側に用意してもらうことができ、それぞれが好みの雰囲気を整えることができます。
エンターテイメント系のイベントに貸しホールが利用されるケースも多いです。
たとえば、ゲーム大会やファッションショー、音楽イベント、ファン交流イベントなどです。
多くの来場者を見込めるイベントを開催したいときには、大きいホールを用意できる施設を利用します。
その他の用途としては、就職説明会やブースイベントなどに使われることがあります。
貸しホールには搬入や搬出のための経路がきちんと確保されていて、スムーズに設営の作業を進めることが可能です。
24時間対応している施設もあり、この場合は前日の夜間から設営を始めて、当日の朝には搬入を開始するなど効率よく作業を進めることができます。
貸しホールで物販やセールが行われることもあり、次々と不特定多数の来場者に来てもらうことも可能です。
このように貸しホールにはいろいろな用途が存在していて、幅広いニーズに対応することができます。
貸しホール側で利用者をサポートする体制を整えていて、特別プランを用意しているようなホールもあります。
イベントの会場などを探している人は貸しホールに問い合わせしてみるとよいです。

PageTop